中央式から個別分散方式の空調設備への改修 | サービス | 旭シンクロテック株式会社 - ビル・マンションの総合リニューアルサービス | ビル、マンションの空調設備 / 給排水設備 / 電気設備の総合リニューアル / メンテナンス・サービス

  • サイトマップ
  • 関連リンク
  • ガイド
  • お知らせ

文字の大きさ

中央式から個別分散方式の空調設備への改修

中小規模の建物の中央式空調設備で、ゾーニングが適正に行われていない場合や当初の使用条件から合わなくなったために非効率的な運用状況になったシステムを見直し、最適な空調システムに改修します。

中央式から個別分散方式の空調設備への改修

  • ビル用マルチタイプの空冷ヒートポンプパッケージ形空調機を採用し、省エネルギーを図るとともに、システム運用に係るコストを低減します。
  • 電源容量が不足している場合は、深夜電力を利用できる氷蓄熱のビル用マルチタイプの機器を採用して、電源容量の不足及び省エネルギーに対応します。
  • 冷房と暖房のニーズが同時に存在する場合は、冷暖フリー(冷房、暖房を同時に行う)の機器を採用し、さらなる省エネルギーを図ります。
  • 既存の水配管を再利用する場合は、水熱源ビル用マルチを採用し、個別空調ができるシステムに改修します。
  • 全熱交換器を採用し、空調負荷に占める外気負荷を低減させます。


施工事例

8階建て事務所ビル 空調システム改修

施工期間
6ヶ月
施工前の状況
各階での建物利用の時間帯が各々異なり、常にシステムを運転しなければいけなくなり、ランニングコストが嵩んでいた。又、各室の空調が制御できず室内滞在者の要求に応えられなくなっていました。 メンテナンス費用も多くかかり始めており、ビルの使用用途に合う空調システムに変更する必要がありました。
施工内容
中央式空調システムを各用途に合わせられるように個別システムに改修しました。
お客様の声
各階使用者の要望に応えられるようになった。
維持管理費が安くなった。
音が静かになった。

事務所ビル(自社ビル) 空調システム改修

施工期間
4ヶ月×2期
施工前の状況
AC-1 shinyokohama kizonFCU.jpg
自社ビルとして使用しているが部署によって空調を必要とする時間帯が異なっているため、ガス焚き冷温水発生機の運転時間が長くなり低負荷運転の時間が増えていました。冷温水発生機の耐用年数が過ぎているため、故障が多く、メンテナンス費用が増加していました。冷温水配管も腐食による漏水が目立っていました。
施工内容
AC-2 shinyokohama newAC.jpg
受変電設備は改修しないため、空調システムをビル用マルチタイプガスヒートポンプパッケージ形空気調和機に更新し、個別空調ができるようにしました。
お客様の声
内装工事と照明器具の工事も同時に行ってもらったので、オフィス内が明るく快適になった。
天井内の冷温水配管が無くなったので天井からの漏水を心配する必要が無くなった。
関連するページ
このページのキーワード。関連情報をチェックできます。
ビル , マンション , 熱源 , 空調 , 空調方式 , 配管
トップページへ このページのトップへ
お問い合わせはこちら
調査・診断 調査・診断イメージ

空調・電気・配管設備や室内環境をプロが診断。最適なリニューアル・プランをご提案いたします

旭シンクロテック株式会社 コーポレートサイトへ