ステンレス床(SUS床) | 施工技術・製品 | 旭シンクロテック株式会社 | 東京都港区 | 設備のソリューションカンパニー。蒸気設備、空調設備、配管設備、衛生設備、耐震診断、劣化診断、ステンレス床

トップ 施工技術・製品 ステンレス床(SUS床)

ステンレス床(SUS床)

ステンレスマルチシンク


ステンレスマルチシンクとは ー「究極のステンレス床」

ms_kyukyoku_head3.png

床全体が完全シームレス。
特許技術を用いた溶接構造で、部屋ごと巨大なシンク(流し台)であるかのような美しい仕上がりです。

排水溝

1.隙間ゼロ
隙間ゼロ

薬品や重油などの貯蔵タンク製作で培った、高度な溶接・研磨技術によって、ステンレス板の接合部を隙間なく平面に仕上げ、一枚板のステンレス床を構築。水や薬剤の侵入を防ぎます。

2.汚れゼロ
汚れゼロ

高度な曲げ加工によって、壁面との接合部をアール構造(曲面)に仕上げるため、掃除もしやすくほこり溜まりを作りません。

3.凹凸ゼロ
凹凸ゼロ

躯体部分に縦横に張り巡らしたアングルとステンレス床を、溶接により完全一体化。この特許を取得した栓溶接構造が、経年劣化に伴うステンレス板のゆがみや浮きあがりを防ぎ、いつまでも変わらぬ作業環境を提供します。

床構造および床形成方法で特許取得(特許第300328号)

ステンレス床と床構造の一体化
ステンレス床と床構造の一体化

床勾配に合わせてアングルを格子状に設置し、必要に応じて排水溝も設けた上で、下地アングル・排水溝上面まで軽量コンクリート(シンダーコンクリート)を打設。その上にステンレス床板を敷設し、アングルの交差位置で溶接し下地と一体化させます。

→詳しい構造についてはこちら

ステンレス床の一般的な特徴

衛生的

塗装床で見られる粉塵等は一切生じないため衛生的です。また、掃除もしやすく清潔な環境を保つことができます。

耐薬品性

ステンレスの材質を変更することで、ほとんどの薬品使用に対応可能です。薬品が万が一床にこぼれても床自体の損傷はもちろん、床下への侵食の心配もありません。

防滑性

一見滑りやすく見えるステンレス素材。チェッカープレートのように凹凸で滑りにくくしている素材より、実は平らな方が靴との接地面積が多く滑りにくいのです。

耐久性

ステンレス素材なので、塗装床のような剥離などが生じることはなく、半永久的な耐用性を誇ります。

ステンレスマルチシンクの適用範囲

食品工場からクリーンルームまで

衛生面はもちろん、強度・耐久性、耐薬品性に優れたステンレス・マルチシンクは、食品メーカーを中心に、医薬品メーカー、製紙・フィルムなどの素材メーカー、半導体メーカーにおけるクリーンルームなど、高清浄度が求められる工場・施設において、お客様のニーズに沿った環境づくりをお手伝いいたします。


関連するページ
関連キーワード