床の事例 | 施工技術・製品 | 旭シンクロテック株式会社 | 東京都港区 | 設備のソリューションカンパニー。蒸気設備、空調設備、配管設備、衛生設備、耐震診断、劣化診断、ステンレス床

トップ 施工技術・製品 床の事例

床の事例

ステンレスマルチシンク お客様の声

お客様の声

日本製紙株式会社 ケミカル事業本部 東松山事業所
工務課 技術調査役  小田上 浩 様
業務内容

日本製紙ケミカル事業本部、東松山事業所の業務内容は、主に、ディスプレイ等に用いられる機能性フィルムの加工です。

以前のステンレス床の問題点

クリーンルーム内で生産を行いますので、塗装の床ですと発塵の問題があり、当初よりステンレス床です。また、当社では液晶関連材料に用いられるフィルムに、有機溶剤を使用して樹脂をコーティングしております。
その際コーティングに使う樹脂が、床に、多少なり付着し、それを落とすために溶剤を使うと、床の隙間から浸み込んでしまいます。浸み込んでしまえば、それが掃除ができないという悪循環になります。

日本製紙株式会社 日本製紙株式会社
ケミカル事業本部 東松山事業所

旧来のステンレス床 旧来のステンレス床

ステンレスマルチシンク導入のきっかけ

以前、釧路工場で、旭シンクロテックにステンレスの製缶工事を施工頂き、その際にしっかりした技術であるということがわかっていました。
そこで今回、ステンレス床を採用するにあたって、どうしても床の熱による歪みというのが発生しやすい構造ですので、高い技術力がなければ、まず難しい工事だというところから、旭シンクロテックさんにお願いすることになりました。

ステンレスマルチシンク導入後の効果

以前の床と比べると溶接面の処理が非常にきれいで一枚ステンレスで床が作られているような状態になりました。
ステンレス床は塗装の床などに比べると、初期投資は高いと考えがちですが、後のメンテナンスを考えた際、その投資コストに対する効果があると考えています。
塗装床だと掃除が大変だったり、あとの様々なメンテナンス処理がかかってしまうということを考えると、長い目でみれば、ステンレス床がよかったかと考えています。

ステンレスマルチシンク

ステンレスマルチシンクという名前から、鏡面のようなきれいなステンレスのイメージがあります。実際に、溶接面もかなりきれいに仕上がっていますので、その名前相応しいステンレス床
だと思います。

関連するページ
関連キーワード